はっぴい・ばれんたいんでぃ 2003.2.14

おっとり縞縞なメロンパン

ねりまどーる助人のクニィ・カンガルーすわんが、千葉から練馬近辺に、猫ちゃんたち
(日本猫、すずちゃん、ことちゃんの二頭、今年6歳)連れで、近いうちに御引越しして
来るのですが、不動産やさんに猫の種類を尋ねられたそうです。日本猫の雑種ですという事で、
そのままOKだったけど、何故チェックを受けたかというと前に世話をした部屋で、
アメシヨーの猫君が野性的な破壊活動を行ったとかで、アメショーチェックあり
なんだそうです(^^;)>>。一寸びっくりしていたエクタだけど、セツコ・ヤマダさんの作品の
アメショーのピョンタ君の力持ち加減を考えると…うーーむとか言って居ました。
僕は半分ペルシャのおっとりなんで、力持ちだけど破壊活動はしないなぁ。

マタタビボールで一瞬獣の雰囲気を思い出した僕です ケーキのリボンをつけられたダシオ君
僕もシェルティすわんから、
ぷれれんとのマタタビボールを
頂きました
ダシヲ君は飼い主のひざの上で一寸恍惚

暖々Hotの前の猫ベッドでお昼ねしていたら、獣医すわんが来て診察
されちゃいました。かぜじゃなくってヒーターによる乾燥で鼻をやられただけなんだって。
「あーー、お母さんがペルシャで鼻が短いですからねー、親指の幅くらしかないし(^-^;A」
などとエクタは余計な事を言い、S宮せんせーはいきなり顔をぐりぐり診察し始めた。

「まあ、もうすぐ18歳ですから」とエクタが言うと、ますますぐりぐりされてしまった。
「このひと吃驚するくらい顔は若いよねー」だって「白髪でているんですが、白いから
解らないんですよ」とエクタがまたまた失礼な事を言っていた。悪かったね。byメロンパン

ヒヨちゃんは一日専用の猫コタツの中に居ます おこたには天板はついていません
ヒヨちゃんは、一日中
専用のおこたの中
たまに、人間のおこたの
近くに出て来たりする

ぷらちゃんは何歳になっても、ぬいぐるみ体型です

あたちは誰にどらいふーどをぷれれんとするか考え中

寒い日、
ねりまどーる和み隊は
暖々Hotの前の猫ベッドで
一日中寝ています(^▽^)/
温くなって来ると、ついつい
丸くなってしまう僕であった